MENU

キミエホワイトプラスはどんな薬

キミエホワイトプラス,口コミ,効果,しみ,シミ,そばかす,二日酔い

キミエホワイトプラスは、しみやそばかすなどの肌トラブルへの効果に加え、二日酔いなどの効果もプラスされた飲んで効く医薬品です。
黒色メラニンの生成を抑制し排出する働きがある、有効成分のL‐システインが1.5倍に増量されました。

 

L‐システインは代謝の促進や、エネルギーの発生を促進する作用があるので、だるさに効果があります。
その他、アセトアルデヒドを無毒化したり、アルコールを無害な物質に変化させる酵素の働きを助ける作用があるので、二日酔いにも効果を発揮します。

 

肝臓に働きかけるので、お酒を飲む前後に服用すると効果が見られます。
キミエホワイトプラスに配合の、新成分のパントテン酸カルシウムはビタミンの1種で、肌細胞の新陳代謝を正常化する働きがあるので、しみやそばかすにより高い効果が期待できます。

 

また、にきびや湿疹、じんましん、かぶれやくすりまけにも効果があります。
できてしまったにきびは、新陳代謝を促すことでにきびの改善を早めることにつながります。

 

キミエホワイトプラスは、砂糖を使わないフィルムコーティングに変更したため、ノンシュガーになりました。
また、フィルムコーティングにより成分を凝縮できたため、1日3回、1回で1錠の服用になったので、より飲みやすくなりました。

 

キミエホワイトプラス,口コミ,効果,しみ,シミ,そばかす,二日酔い

 

シミ・そばかすだけでなく疲れ・二日酔いに効くキミエホワイトプラスは公式ページで購入すると1ヶ月4200円(税抜)
のところを初回限定1900円(税抜)で大変お得!

キミエホワイトプラスの公式ページは↓↓
http://kimie-white.com/


キミエホワイトプラスとハイチオールC

キミエホワイトプラス,口コミ,効果,しみ,シミ,そばかす,二日酔い

シミが気になり始めたら、美白化粧品を使用して外からケアするだけではなく、飲み薬やサプリメントなどで内側からケアすることも大切です。通販や店頭などで手軽に手に入れることができるシミ対策の医薬品に、キミエホワイトプラスとハイチオールCがあります。では、キミエホワイトプラスとハイチオールCはどのような違いがあるのでしょうか。
キミエホワイトプラスには、L−システインが240r、アスコルビン酸が500r、パントテン酸カルシウムが24r入っています。飲む量は、1日3回で、1回につき1錠飲みます。
キミエホワイトプラス,口コミ,効果,しみ,シミ,そばかす,二日酔い

 

一方、ハイチオールCには、プラスとホワイティアの2種類があります。
ハイチオールCプラスには、L−システインが240r、アスコルビン酸が500r、パントテン酸カルシウムが24r含まれていて、この成分量はキミエホワイトプラスと全く同じです。飲む量は、1日3回で、1回につき2錠飲みます。
そして、ハイチオールCホワイティアはほぼプラスと同じ成分で作られていて、違いはパントテン酸カルシウムが30rという点だけです。
飲む量は、1日2回で、1回につき2錠飲みます。
キミエホワイトプラスとハイチオールCプラスは、シミの改善効果と疲労回復効果を望む人に向いていて、ハイチオールCホワイティアは長期間に亘って服用することで、シミを改善したい人に適しています。

 

ハイチオールCより服用が少ないキミエホワイトプラスは公式ページで購入すると1ヶ月4200円(税抜)
のところを初回限定1900円(税抜)で大変お得!

キミエホワイトプラスの公式ページは↓↓
http://kimie-white.com/